スポンサーリンク

ADHDの私が子供の頃にやった事件を特徴を踏まえて話します。

40b683816946f2bbdef026008c5a309c s - ADHDの私が子供の頃にやった事件を特徴を踏まえて話します。

 

発達障害のADHDを大人になってから初めて気が付き、子供の時には暴れまくっていたノホホです。

 

ADHDは多動性・衝動性・不注意などが起きるのが特徴で、子供の頃はあっちこっちに動き回るので手に負えません。

 

自分の子供の頃を覚えている人は少ないでしょうが、私が子供の頃は本当に凄かったです。

 

気が付いたら、どっか行くし、人の話も効かないし、気が付いたら泣き出してしまうし、親に迷惑をかけまっくたと思います。

 

このころはADHDに対する意識が低く薬も出回ってませんから、ADHDとは知らずにただがむしゃらに動き回ってました。

 

そんな自分の過去を自分を思い出すだけで、私は顔が真っ赤になるほど恥ずかしいです。

 

そんな私が

子供時代の時
どのくらいわんぱくだったのかを話していきます。

 

 

空気を全く読まない。自分が悪いと認めない。

 

子供の時の私は相手の気持ちを考えるのが苦手なので、とにかく自己中心的な性格をしていました。

 

自分で悪いことをやっても認めず、先生から良く叱られたものです。

 

小さい頃はわんぱく小僧の私でしたが、一番ヤバいと思った事件があります。

 

それは、私が小学校の時に給食を食べようとしたら、私の好きな食べ物でラーメンが給食に出た時の話です。

 

給食の時にでたラーメンのせいで事件が!

 

小学校の時に私の大好きな「ラーメン」が給食に出ました。

 

私はこのブログでラーメンの紹介をしてるほど私はラーメンが大好きです。

 

小さい頃も死ぬほどラーメンが大好きでした。

 

給食で出たことでテンションが上がっていた私。

 

列に並んでいたらラーメンが出ていたのに落ち込んでいる友達がいました。

 

そこで、私はその子に声をかけて見たのです。

 

そしたら、その子はラーメンアレルギーを持っていたから、食事をあまり取れず落ち込んでいることが分かりました。

 

小さい頃はラーメンに恋をするほど好きだったので、その子のアレルギーの話に関して認めたくなかったのです。

 

ラーメンアレルギーなんてあるわけない。

 

そう信じ込み、友達が嘘だったと認めるまで質問をし続けました。

 

どうして? なんで? そんなものあるわけないじゃん? そんな質問が20分以上も続きいたのです。

 

あまりにもしつこく質問をされたので、その友達からブチ切れてしまいました。

 

そこから友達の渾身の膝蹴りが私のお腹にクリーンヒット!

 

その痛さのあまりに寝ころびながら、私は泣いてしまいました。

 

先生が来て話し合いをして解決はしました。

 

けど、大人になって改めて考えると、明らかにしつこく質問を話し続けて相手に強引に認めさせようとした、私がどう考えても悪い。

 

残念ながら、今はその友達とは会っていません。

 

けど、どう考えても私が悪かったと思います。

 

なので、友達がこのブログを見ていたら、私はここで一謝りたいと思います。

 

すみませんでした。

 

何かあれば、すぐどこかに行く。

 

小さいころは好奇心旺盛だった私。

 

何か興味があることを見つけたら、すぐに移動をしていました。

 

特にスーパーに買い物を行ったときの自分はとても凄かったです。

 

母親と買い物に行ったときはいつもどこかに行っていた。

 

スーパーに行ったら、私は同じ場所にいることはほとんどありません。

 

常にどこかに移動して、親を困らせていました。

 

自分が移動してるのに関わらず、母親が見つからなくなると自分が泣き出してしまう始末。

 

それは素直に子供っぽいのかもしれませんが、好奇心だけで親から離れる理由があるのでしょうか?

 

大人になった私は、今でもその理由が分かりません。

 

ダンスをしてるように見えるほど、家では暴れてた。

61c148342c4ba4c8eeda693bc9d8d348 s - ADHDの私が子供の頃にやった事件を特徴を踏まえて話します。

私は家に帰って遊び始めると、うれしくなって体も一緒に私は動き始めてしまうのです。

 

ADHDの衝動性の影響により起きてしまいます。

 

踊りだすわけないじゃんと思う人もいるかもしれませんが、本当のことです

 

嬉しいことが起きてしまうと、脳内だけでは興奮が抑えきれずに、心と体がはしゃいでしまうのです。

 

膝を曲げて激しく動いていたので、それを見た家族からはこのように言われてました。

 

ダンスを踊ってる見たいと。

 

そのダンスの音もうるさく当時2階のアパートに住んでいた時、1階の人からうるさくてクレームが来てしまったほどです。

 

衝動的なダンスは物凄く強烈的でした。

 

なんでダンスを抑えられないの?

 

私が子供の時は感情を抑えることが、出来ませんでした。

 

子供の時は嬉しいことが起こると、脳内からアドレナリンが大量放出される感覚に陥ってしまい、

自分をコントロールすることが出来ないからです。

 

私も変なことを言ってように、聞こえるかもしれません。

 

ダンスをしているときの感覚を実際に表すと、麻薬物質を使ってる時と同じ感覚でしょうか?

 

言い過ぎかもしれませんが、とにかく抑え込むのが私には難しかったのです。

 

ADHDの子供はわんぱくすぎる。

 

ADHDの子供は走り回ります。

 

感情を抑えることが苦手です。

 

ADHDの母親は大変だと思います。

 

今は子供用のADHD用の薬もあるので、衝動性に関してはマシにはなっていますが、それでも毎日の生活が大変だと思います。

 

私も生んでくれた、父親や母親にはもっと感謝をしなければいけませんね。

 

では。

 

 

 

ADHD子供
スポンサーリンク
ノホホをフォローする
ノホホの、のほほん流人生の生き方

コメント