スポンサーリンク

【ADHDの私が考える】いじめられたときの原因と対策方法

 

011bef668e6bc9ab360fb43ca763b85c s min - 【ADHDの私が考える】いじめられたときの原因と対策方法

 

いじめられることは苦しいことです。

 

私は発達障害のADHDを持ち合わせていて、学校でよくいじめられてました。

 

毎日、学校には行きたくなかったですし、苦しい思いをしてたことを今でも覚えてます。

 

いじめが原因で、精神的に追い込まれ続けたら、最悪の場合で死んでしまうことだってあります。

 

自分はADHDの人だと知らず、大人になり成長しました。

 

けど、あなたがADHDの人間でいじめられてるなら、あなたは決して悪くありません。

 

今回は、私が使ったいじめられた時の対策方法と、ADHDの人でもいじめい会いやすい性格についても書いていきたいと思います。

 

 

ADHDの人がいじめられやすい理由

 

あなたが周りからいじめられてたら、もしかしてこのようなことを考えていませんか。

 

man - 【ADHDの私が考える】いじめられたときの原因と対策方法

自分はADHDの発達障害で周りと違うから。

 

そのようにあなたが考えているのなら、その考えは大きく間違ってます。

 

周りと違うから、あなたはいじめられてるわけではありません。

 

ADHDの人がいじめられてしまう大きな原因は
共感性が他の人より劣っていることが原因です。

 

ADHDがいじめられるのは共感性が低いから。

 

ADHDの人は、自分のペースで落ち着いて人の話を聞く能力が劣ってます。

 

自分が楽しんで会話をしていても、あなたは相手が嫌がってることに気が付いてないんです。

 

相手の気持ちが耐えくれなくなると、あなたはいじめに会い始めてしまいます。

 

最初は大したことないかもしれません。

 

しかし、いじめがエスカレートしていくと暴力にまで発展して行く可能性もあります。

 

少しずついじめはエスカレレートしていくのです。

 

ADHDの人はいじめられ続けることが高い

 

ADHDの人は集中してしまうと、脳の切り替えを上手く行うことが苦手です。

 

私もADHDですから脳の切り替えには、毎回苦労しています。

 

ADHDの脳の切り替えが出来ないことで、いじめにおいても大きく影響が出るのです。

 

いじめで自分が悪いことをしたと思い込むと、頭の切り替えが上手く出来ないADHDの人はそれしか頭に浮かべることが出来なくなります。

 

そのせいで精神的に不安定になり、うつ病などを発病する危険性がADHDの人は高いのです。

自分でいじめをなくす対策方法

2d4053bbd088af9bcb921b99ce7a87d3 s - 【ADHDの私が考える】いじめられたときの原因と対策方法

 

何もしなければ、ずっといじめられ続けます。

 

そんなのは嫌です。

 

いじめられたら自分で、どうにかするしかありません。

 

いじめられた時の対策方法について紹介します。

 

いじめられ方の具合は私は対応が変わると私は考えました。

 

3つに分けて考えた対策方法がコレです。

  1. 軽度 自分で改善してみる
  2. 中度 親や先生に相談してみる
  3. 重度 覚悟を決め、いじめてるやつを殺す気でやり返す。

詳しく紹介して行きたいと思います。

 

軽度 自分で改善してみる。

 

まずは自分で改善を行ってみましょう。

 

相手に関心を向けて、人の話を聞くことに集中するのです。

 

相手に関心を向けて聞くということは、慣れてないうちは難しいことかもしれません。

 

しかし、改善を行うことで、より良い人生に役立てるものだとです。

 

障害を周りに理解してもらうことは難しいのです。

 

しかし、自分を変えなければ何も始まらないので、頑張りましょう。

 

中度 親や先生に相談する

 

自分で改善できず、いじめられ続けいるなら先生や親に相談しましょう。

 

いじめを受けてるやつから、「先生に相談するな」と言われても無視して構いません。

 

そいつはめんどくさいことを避けたいから、あなたを怖がらせてるだけです。

 

先生に言うことは全く悪いことではありません。
先生や親に話し、いじめがなくなったらそれでいいでしょう。

しばらくしたら、またいじめっ子からいじめを受けてしまうこともあります。

 

そうなったてしまったら、あなたが覚悟を決め無ければいけない時です。

 

重度 覚悟を決め、いじめてるやつを殺す気でやり返す

 

ここまで自分が頑張って直しても、相手のいじめが治らないなら覚悟を決めてください。

 

本気で相手を殺す気で挑みかかりましょう。

 

ここまで何をいっても通じない相手は行動で分からせてください。

 

殴り合いで勝てないなら、ナイフを使っても構いません。

 

殺意を見せ、本気でおかしくなり人になり殺されると分かったら、いじめた人はあなたの接触を怖くて辞めるでしょう。

 

今このブログを書いてるノホホも過度にいじめられていた時があります。

 

その時の私も本気で殺しにかかったら、職員室に呼び出されてしまいましたが、そいつからのいじめは収まりました。

 

過度にいじめられてるなら、あなたが変わり本気で殺す覚悟を出してください。

いじめられてるなら、しっかりとした対応策を!

 

いじめられているなら、あなたにも性格面で悪いとこがあるのかもしれません。

 

ADHDの人は落ち着いて会話のコントロールがそう簡単には出来ないです。

 

私も27歳のADHDですが、コミュニケーション能力が下手くそですからね。

 

ですが、それがいじめられる理由にはなりません。

 

いじめるほうが本来は悪いですが、自分でどうにかしないといけませんし、何も変わりません。

 

自分が変わらないと、いじめはなくならないです。

 

絶対に。

コメント