スポンサーリンク

自分が歩んだ人生

 自分が歩んだ人生に話していきたいと思っています。私の魅力を感じてもらってください

 まずはプロフィール

 性別: 男

年齢: 27

所在地: 福岡 豚骨ラーメン美味しいよ( `ー´)ノ

趣味: アニメ ゲーム ブログ?(今はそうかな?)ラーメン巡り  多いでしょ

一言で表す人生論: 己の道を進め。

好きな食べ物: 麺類、(特にラーメン)焼きそばを除く

嫌いな食べ物: トマト 何故か苦手。

一番好きなアニメ: プリパラ めちゃ、大好き

一番好きなゲーム:  ぷよぷよ  今もやってる。

 

img watasi - 自分が歩んだ人生
管理人
 管理人です。トマトはよくわからないけど昔から苦手なんだよなー。

 

こんなところかな。 面白い趣味とか増えたら随時更新していきます。

 

 

見てない人は下も見てくださるとうれしいです。

img watasi 160x90 - 自分が歩んだ人生
このブログでは、自分の生き方、趣味を書くページです。
こんにちは、ノホホといいます。 私は自分で言うのもなんだが面白い人間だと思っています。 周りからみたら少し変わってる人間なのかな?とも思いますが、自己啓発、 変わっている人、カードゲ-ム、ラーメン様々なものを紹介していきたいと思っています

 

ちなみに私は小さいころ鼻の真ん中に黒いイボのホクロがついていたので、

 

基本顔出しはNG。 興味を持ってくれた人たちゴメンね(*´ω`*)

 

以下私のプロフィールです。

目次

 小学生時代

 

それはそれはわんぱくな男の子でした。何にでも好奇心旺盛で興味も持ち、近づくのでクラスの中心の的でした。

かなりわんぱくでしたね。

img watasi - 自分が歩んだ人生
管理人
小学校時代は楽しかったな。

 

 中学生時代

 

鼻の真ん中についてるホクロやいきなりわんぱくになると周りから変な人と思われるので、

いきなり静かな人に、 部活はどこか入らなければいけなかったので剣道部に入った。

しかし弱かった;つД`) 信じられないくらいに。

運動オンチだもん。 仕方ないよね。(*^-^*)

 

img watasi - 自分が歩んだ人生
管理人
今でもめちゃんこ弱いです。

 

 高校生時代

 

鼻にホクロがついているだけで嫌な状態でイジメの存在にあい精神的に不安定な状態が続きいていき前を見て歩くのも嫌になっていった。

 

周りが喋りだすと、俺に対して笑っているのでは?と思いさらに不安になっていく。

そんな俺が嫌で嫌で仕方がなかった。 その時私は自分が大嫌いでしたね。

 

img watasi - 自分が歩んだ人生
管理人
周りから見たら、ノイローゼかな?と思うくらいでした。それくらい精神不安定だった。

 

高校3年のときに手術でホクロをとることを決意。

ホクロを取れば、自分の見た目も変わり自分自身何か変われるのでは?

そう感じて思い切って手術した。

 

友達も一人と少なかった。けどその時は大切な友達で今でも時々あっている。

 

今でも私の大切な友達です。

 

 

img watasi - 自分が歩んだ人生
管理人
あの時は精神的にやばかった。 死ぬかと思った。 けどそれのおかげで今の自分がいると思っている。

 

 

 大学生時代

 

理系の大学に進学。俺を知っている人など誰もおらず、清々しい気持ちで学校に行っていた。

しかし俺にとっては新しいスタート、喋りも苦手で不安だった俺が友達が出来るかな?

 

とても不安だった。

 

その時はニコニコ全盛期。 (涼宮ハルヒの憂鬱だったり、ひぐらしのなく頃など)丁度オタク趣味を持っていた俺は偶然オタクの友達と喋り、そこからオタク友達のサークルが出来た。 10人くらいいたかな。

 

その時は毎日がとてつもなく、とてつもなく楽しかった。

嬉しかった。

 

img watasi - 自分が歩んだ人生
管理人
友達サイコー  と 心の中でずっと喜んでたね。

 

カードゲームは周りがハマっていた趣味なので自分もカードゲームを行った。

 

遊戯王やヴァイスシュヴァルツなど、とてつもなく楽しかった。毎日遊んでいましたね。

 

img watasi - 自分が歩んだ人生
管理人
俺のターンドロー とか大声で言ってたわ。

 

大学いったら彼女が欲しいとかいう人はいるかもしれないが、私は友達といるだけで毎日が楽しかった。まるで恋愛など眼中になかった。

 

img watasi - 自分が歩んだ人生
管理人
何それ?美味しいの 状態www

 

 

今はそんなことまったく思ってはいませんが。

 

 大学通って一年後

まったく興味なかったギャンブルだが、高校の友達に強引に誘われパチスロを打たされる。

 

そこで怪盗天使ツインエンジェルという萌えスロに出会いました。

 

絵も好みでものすごいドはまりしました。 大好きでした。

 

そのとき私はパチンカスになりました。

 

img watasi - 自分が歩んだ人生
管理人
楽しかったけど、 人に打たせるのはあまりおすすめしたくないかな。

 

ギャンブルなので少しずつお金も無くなりましたが、昔から興味があることはとことん調べ上げる私でしたので、少しずつ負けを減らし、

 

ハイエナもしながら(特定のハマり台を狙い当たり確立を上げること、あと番長2もでてきたのがここらへんからだから狙いやすかった)

 

やっていくと少しずつ負け額が減っていきむしろ+になっていきました。

 

img watasi - 自分が歩んだ人生
管理人
勝てるようになってきたんだ。

 

 大学入って2年後にはすでに勝てるようになっていた。

 

パチスロとかギャンブルをやったことない人にはわからないかもしれませんが、パチスロはしっかり立ち回れば、投資してくれる人がいるかぎり勝てる遊びです。

    • 70%の人は負け
    • 20%の人はトントン
    • 10%の人は勝てる

そんな人たちがいる遊びなのです。

そんな10%の世界に私はおり、どんどんどんどんお金も増えていきました。

 

img watasi - 自分が歩んだ人生
管理人
つまり、依存症の人がいればいるほど、店も客にお金を渡しやすく勝てるってこと。

 

 大学4年になって就職活動したときには手持ちには150万くらいあった。

3396081729cb7460cd64ea0bbe04557d s - 自分が歩んだ人生

 

就職活動中も大好きなスロットを打っていたら、手持ちには200万円持っていた。

 

 200万ですよ?

 

そうすると周りもさすがに勝っているのか?と思われ疑い始めたので、

 

「ノホホさんどんだけ勝ってるの?」と聞かれることがよくあった。

 

なので私は・・・

 

「え、50万くらい」とか言って適当にちょろまかしていた。

 

「おごってくれよ。」とか言われそうなので、適当にたかくくってました。

 

 

img watasi - 自分が歩んだ人生
管理人
あの時は少し怖かったな。 色々聞かれそうだったし。

 大学4年の就職活動中、自分のしたいことは何なのか。と問われる

就職活動中、様々なことを考えると思います。

 

私は軽く考えており、人としゃべることは楽しいし、自分にとって苦手な接客業に行きたいと考えていました。

私はコミュ症でしたけど、喋るのが好きだったから、それだけの理由でした。

 

img watasi - 自分が歩んだ人生
管理人
人と関わりあうのは、好きだった。

 

しかし、就職活動中にある食品会社からこんなことを言われた

 

自分のしたいことというのは何か。

 

就職活動中に何がしたいのか。聞かれたとき私は答えることが出来なかった。

 

特に深く考えてなかった私は・・・ やりたいことを考えてみると・・・・

 

     ラーメンだった。

 

実はラーメン好きな私にとって博多は豚骨ラーメンしか食べれないこと、実は密かに不満に思っていた。  色々なラーメンを食べたいという思いがあった。

 

新しい夢が出来た。それしか頭に入らなかった。

 

 俺って本当にバカで面白い人間だと思いますが

 

200万円あるのだからあっちこっち旅にでて美味しいラーメンをもっと食べたい。私なりの夢が出来た。

 

 夢を叶えるためには2、3カ月休みを貰わなければできない

もしこのまま就職してしまうと・・・・・

 

夢がかなえられない。

 

2、3カ月休みを貰わなければできない。

 

そう思っていた。親にも伝ないと・・・・・

 

私は親にそう伝えた。

 

親からは、わかった。 何かもらってきなさいよと言われた。

 

凄く。 嬉しかった。 私は今でもそんな優しい親に生れてきたことに感謝しています。

 

img watasi - 自分が歩んだ人生
管理人
ありがとう。

 

 私はそれども就職活動は続けた。

34cf9538d360e2bbf27ad3557f1eb4e0 s - 自分が歩んだ人生

それでも私は2,3カ月の時間をください。そのあと就職します。と言いながら就職を続けた。

まあ結果、どこも取ってくれる企業はなかった。 けどしかたがないな。そう思った。

 

img watasi - 自分が歩んだ人生
管理人
取ってくれない企業が悪い。 仕方がない。取り開いていた。

 こうして私200万に増やしたお金でラーメン日本一周の旅にでた。

 

6e77f83338bed52c0b59181fae994435 s - 自分が歩んだ人生

ラーメン日本一周の旅に出ました。

 

結論から言うと、すごく楽しかったです。 このことについてはラーメンの記事詳しく書きたいと思っています。

 

もしご覧になりたい方はこちらからどうぞ。

 

6e77f83338bed52c0b59181fae994435 s 160x90 - 自分が歩んだ人生
ラーメン
みなさん、ラーメンは好きですか? 私は大好きです。 ラーメンといったら醤油、 味噌、 塩、 豚骨などありますが、皆さんどれが一番好きですか? ちなみに私は味噌ラーメンが一番好きです。 このページではあまりにもラーメンが好きすぎて日本一周してしまった、ノホホさんのお話です。

 

img watasi - 自分が歩んだ人生
管理人
 楽しかったな。 あの時は毎日1日2食はラーメン食ってた。

 帰ってきて、私は遅れを取り戻さなければと思って、ブラックではなさそうなところをだけに着目し就職活動を行った。

 

bc80812f137c9c76b0a0c6186d9bb218 s - 自分が歩んだ人生

その時は自分の遅れを取り戻そうとブラックではなさそうかな?というところだけを重点的に置き、

 

就職活動を行った。 決まった先は大きな警部会社だった。

 

img watasi - 自分が歩んだ人生
管理人
 遅れを取り戻してかんばるぞー そう思っていた。

 大きくブラックではなかったが仕事自体がワンパターンで誰でもできる作業。スゴク個人的にはつまらないと感じた。

53246727eca5f287d30f2ac6c4312b28 s - 自分が歩んだ人生

 

警備業界はスゴクつまらなかった。 中には中で作業を行い夜中まで起きていなければいけないこともあった。

携帯とかもいじりながら、とかでも時々眠くなって、寝てしまうこともあった。

そもそもこの業界は追い付かなければいけない。と適当に選んだ業界。

 

自分のなかで合わないと感じてしまい、一年でやめた。

 

img watasi - 自分が歩んだ人生
管理人
 今、思ってもつらいなーって思う。 仕事も失敗ばかりだったし。

 

 では何が合うのか。 自分で考えた。

861e9389349082f1ad114f3715f795b4 s - 自分が歩んだ人生

仕事はやめたものの、何が合うのか?よくわかっていなかった。

昔食べたラーメンは美味しかった。色々なところに行くのは好きだ。 なら測量という仕事は色々なところに行く。なら測量の勉強をしよう。 そう思っていた。

 

img watasi - 自分が歩んだ人生
管理人
 まだ何がしたいかわかってなかったからね~~~。

 

(最終的にはWebデザイナーを目指すが)

 

 実際に仕事の体験をフリーターを行い、測量士補の資格も合格した。

優しい上司で帰りにラーメンも食べれて美味しかった。

 

しかし帰りにラーメンが食べれるだけで、仕事は普通、現場では様々な景色が見れるだけ・・・・・

自分の行う仕事はこれでいいのか?

 

そう思っていた。

 

img watasi - 自分が歩んだ人生
管理人
 お金は意識していなかったね。 副業パチスロでまだ稼いでいたし。

 

 25才の私、そんなとき、今まで興味も全くなかった私に恋にキューピット来て恋に落ちる。

img kikori 1024x768 - 自分が歩んだ人生

 

測量士補の合格待ちで、ゴンビニのアルバイトを行っていて、一緒に働いていた女の子がいた。 その子は何でも物事をズバっといって、明るく真面目な子だった。

そんな子に俺は・・・

 

今まで俺は変な人生しか送っていない・・・

こんなサッと、言えるなんて羨ましいな・・・

 

私は自分では自慢できないような人生を送っている・・・

自分の素顔を隠して生きていたそんな私は・・・・・

 

その女性に一瞬で惚れた。

 

img watasi - 自分が歩んだ人生
管理人
 女神だと、心から思ったね。

周りに分かりやすく言うと、 一目惚れみたいなものです。

 

その好きになったあと、周りにその女性に彼氏がいないか色んな人に訪ねた。

 

みんな「聞いたことがない。」と言っていたので・・・

 

私は就職しようとした測量士補をしばらく諦め、彼女を追いかけることにした。

 

次に入るのは2週間後だ。

 

 

 楽しみで楽しみで仕方がない。

 

 

img watasi - 自分が歩んだ人生
管理人
 待ってる間、死ぬかと思ったね。気持ち爆発して死ぬかと思ったよ。

 

彼女から、25にもなって「なんでここにいるの?」かも聞かれために学校行ってWebデザインの勉強をしてるって言おう。 実際に行ってしっかり勉強を行った。

 

パチスロもやっているとひかれるかもしれない。 きっぱりやめよう。 辞めた。すぐに辞めれた。

 

 よし準備万端だ。 頑張ろう。

 

 

 その後2週間後彼女と一緒にシフトに入った時・・・・

彼女が女性の友達と嬉しそうに喋っていた。

その時私の耳に入った・・・・

 

「私、彼氏できたんだよ。」

「すっごい、嬉しい。 すっごい、嬉しい」

嬉しそうに大きな声ではしゃいでいた・・・・・

 

 

あの時の心の心情は悲しい反面、笑顔を見れた喜び 自分でもよくわからない心境にいた・・・・

img watasi - 自分が歩んだ人生
管理人
 あの気持ちのままの仕事は、はっきり言って死ぬかと思った・・・・・ こんなにも複雑な気持ちになったのは初めてだったな。

 

その後仕事が終わり裏で、自分から彼女から彼氏がいるか聞き「彼氏いるの?」と聞いた。

彼女は彼氏は入る。はっきり答えた。

   悲しかった。家でいっぱい泣いた。

img watasi - 自分が歩んだ人生
管理人
 泣いたな。布団にうずくまって。

 

諦めようと思ったが・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

諦めきれなかった。 

その後は色々やりました。

 

周りから見ても、何だこいつと思われることもいっぱいやった。

  •      ネットで略奪愛について調たり
  •      好きな女の子を無理やり作り楽になりたいため、街コンに参加したり。
  •      情報を他の友達の女の子から情報を聞いたりと

 何でもやった。

img watasi - 自分が歩んだ人生
管理人
 今思えば最悪かもしれないが、気持ちの整理が出来なかったんだ。 苦しかったんだよ。

 

もちろんどれも上手くいかなかった。しかし諦めず頑張った。

とりあえず彼氏と何かあるのかもしれない・・・・

それだけを希望にして・・・・

とりあえず会いたいのと、忘れてもらわないようにするために、とりあえず毎日その子がシフトに入っている日を確認して、毎日コンビニに行っていた。

 もう、その子と一緒のシフトには入れなかったから・・・

 

 

 その後色々あったが時は過ぎていき・・・・・

 

6か月後、その子はその職場を離れていった。

 

 

img gazou - 自分が歩んだ人生
管理人
 6か月間、ただ会いたいって理由だけで毎日コンビニ通いつめたんだぞ。ものすごく変態級の行動をしていたと自分でもはっきりと思う。けれども全く後悔はしていないです。

 

残ったものは・・・・・・?

 

Webデザイナーとしての勉強したもの。

 

そして愛についての素晴らしさでした。

 

Webデザイナーの勉強は最初はつまらなかったが少しずつ楽しいと思えるようになっていき、目指したいと思える職業になっていた。

 

様々なものを作り形にしていく、それが私にとってスゴク楽しく続けられることなんだと自分自身で気が付いた。

 

img watasi - 自分が歩んだ人生
管理人
 物作るとき色々考えるのが楽しいってね

 

愛というものを通じて・・・

Webデザイナーなんてよっぽど勉強しないと無理なんだ。という壁を壊してくれました。

 

彼女と出会えたのは本当に私にとって、うれしい限りでした。

 こうしてブログを通して自分の思いを伝えたい私がいます。

 

若い人は無難な道を選んだり、冒険しなかったりするらしいけど・・・・・

 

大丈夫。 こうやって就職しなくても自分の道を選び決心した私がいます。 むしろ色々やっていったほうが自分のやりたいことに近づけるはずです。

 

冒険していっぱい恋愛して、楽しみましょう。 一番怖いのは変化しないことです。

 

変化しなければ何もかないません。 何のために生きているかもわかりません。

 

私もまだ20代ですが、新しくバカなことやって、 いっぱい恋愛して新しい彼女を作りたいと思っています。

 

変化を恐れるな。 恐れない人こそ変わっている人です。

 

 

変わっている人はかっこいいのです。

 

このような自己啓発、 変わっている人、

 

趣味においては、 ラーメン  カードゲームについて

 

時々他の趣味や内容も

 

書きたいと思っております。

 

長々とありがとうございました。

 

img watasi - 自分が歩んだ人生
管理人
 ( 30までには彼女作るぞ )

 

 

 

 

 

コメント

  1. […] 自分が歩んだ人生 […]

  2. […] 自分が歩んだ人生 […]