スポンサーリンク

ADHDと判断され ストラテラを2週間服用し続けた感想。

622323 1024x724 - ADHDと判断され ストラテラを2週間服用し続けた感想。

 

ADHDと診断され 2週間ストラテラを飲みました

 

はい。ADHDと診断されたノホホです。

ADHDと診断され、2週間経ちました

最初ADHDの薬を飲もうと決めたときは、

 

man - ADHDと判断され ストラテラを2週間服用し続けた感想。

俺、精神が変わるような薬飲んだらどうなるんだ?

そう感じていながら薬を飲んでいたのですが、結論から言わせてもらいますと

 

ADHDを持っている発達障害の方は一度そのようなお薬を飲んでみたほうが良いです

 

私がこの薬を飲みはじめたら
精神的に安定するようになり、普通の人の頭の中がここまではっきりしているのだと とても衝撃的で私は仕事などにおいてとてつもないハンデを背負っていたのだとはっきりわかったからです。

しかし、このストラテラというお薬はADHD患者の精神を安定させるお薬ですので

とても多い副作用を持ち合わせているのも、ストラテラというお薬で

 頭痛食欲減退傾眠腹痛悪心口渇嘔吐便秘浮動性眩暈動悸 などなど

https://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/drugdic/prd/11/1179050M4022.htmlより引用

 

様々な影響が出てしまうのも現状です。

 

私がこの薬を飲んでどのように自分が変わったか?

また、どのような副作用に悩まされたか? 

 

それについてお話をしていきたいと思います。

 

ADHDの私が出来るようになったこと

 

ADHDの人でも薬の効き方は様々で、効き目に実感できる方は遅くて1カ月ぐらいかかるということらしいのですが、私の場合は比較的早めに効果を実感できました。

私が薬を飲んでしっかりできると実感できることは以下の3つです。

  1. コミュニケーションを円滑に取れるようになった
  2. ある程度ならマルチタスクが出来るようになった
  3. 単純作業は少しならば行えるようになった

それぞれのことについて説明していきます。

コミュニケーションが取れるようになった

kaiwa communication business - ADHDと判断され ストラテラを2週間服用し続けた感想。

私の大きな薬を飲んでよかった一つとしてコミュニケーションが円滑に取れるようになりました。

今まで薬を飲んでいなかった私は、うまくコミュニケーションを取ることが出来ませんでした。

原因としては前頭葉の働きが弱い影響により、どうしても会話を行う際において

敬語がなかなかうまく喋れず苦労していました。

 

しかし、薬を飲んだことによって、

しかし、薬を飲んだことによって
理性を働かせ、どのような会話を行えば円滑に会話を行えるかを瞬時に判断しコミュニケーションを取れるようになりました。

これは私にとっても大きなプラスになったものだと思っています。

 

ある程度ならマルチタスクが出来るようになった

c4e73f330a01eb40870018132759b3c8 m 300x225 - ADHDと判断され ストラテラを2週間服用し続けた感想。

 

まだまだマルチタスクを行うことは出来ませんが、ある程度ならば情報の整理を行うことが出来ました。

ADHDの人はワーキングメモリが通常の人が小さく

ワーキングメモリ (working memory:作業記憶,作動記憶) とは,短い時間に心の中で情報を保持し,同時に処理する能力のことです。 https://home.hiroshima-u.ac.jp/hama8/working_memory.htmlより引用

今までの作業を行う際において一つ物事にしか集中を行うことが出来ず、それを行って作業をしてもミスをしてしまう私に嫌気を指していました。

しかし、苦手なものはまだ苦手ですが作業中に他の作業を頼まれても混乱せずに、業務内容の処理を行うことが出来ました。

それが出来るようになったのは薬の効果だと実感いています。

単純作業は少しならば行えるようになった

15ff36bd5d7d73aabf2332a6e7ec593b s - ADHDと判断され ストラテラを2週間服用し続けた感想。

 

私達、ADHDの人は単純作業を行うことに関しては本当に苦手です

人は単純作業を行うときに理性でそれを抑えることにより

やりたくないことでも作業を行えるような脳の作りになっています。

しかし、ADHDの人は前頭葉の働きが弱く理性で抑える力が弱いので

 

やりたくないことに関しては本当に作業が出来ないんです。

 

下手をしてしまうとつまらなすぎてそのまま寝てしまう人もいるくらいです。

しかし、ADHDの人がストラテラの薬を飲み単純作業を行ったら

ある程度は前頭葉が働くように薬の効果によってなるので、

少しばかり単純作業を行えるようにはなりました。

それでも私はまだ単純作業に関しては苦手ですけども(ーー;)

 

このようにADHDがストラテラの薬を飲んだらいいことばかりのように思えますが、

先ほど述べた通りストラテラは副作用も多く存在するお薬です。

今回は私がストラテラを飲んだ時に発生したストラテラの副作用についてお話したいと思います。

 

私がストラテラを飲んだ時に発生した副作用について

27d9dbb468f90e89fbf0e3f9e217d94b s - ADHDと判断され ストラテラを2週間服用し続けた感想。

 

私が副作用で発生よく起きた現象として上げられたのが、吐き気 のどの渇きでした

のどの渇きに関しては、水分補給を行うだけでどうにかなるのですが

吐き気に関しては本当にひどかったです。

 

吐き気の影響のせいで仕事を行っている際に吐き気の影響でトイレにそのまま駆け込み

吐いたことが何度もありました。

今では薬を飲み続けたことに体も慣れてきたのか吐き気に関しては少しづつ収まってきましたが

最初の方は本当にひどかったです。

 

副作用もあるがADHDのストラテラのお薬は素晴らしい。普通の人の思考の考えが分かり世界が変わる。

94c894c50f7e19d32d8d4acdb139ce65 s - ADHDと判断され ストラテラを2週間服用し続けた感想。

 

自分はADHDだと思っている方は是非一度ストラテラを飲んでみることをおススメします。

普通の人の思考の考えがどのような考えなのかが具体的に分かるようになりますし

頭の中の思考がスッキリするので仕事も効率よく作業を行うことが出来るようになると思います。

 

副作用も色々なものをがありますが、それを差し引いたとしても

薬を飲んだ方が圧倒的にいいと思います。

 

私が今まで仕事などが出来なかったのは私のせいではなく、

私の脳がそれが苦手としていて行えなかっただけだと自分の中でハッキリとさせることが出来ました。

 

自分もこれを飲んである程度のことは出来るようになったので

ADHDの人は病院に行きストラテラの薬を飲んでみてはいかがでしょうか。?

 

コメント